お葬式で知っておいた方がいいこと

お葬式にかかる費用

お葬式にかかる費用 お葬式を行う中で多くの人が心配するのが費用についてです。お葬式にかかる費用がわからず、葬儀社だからと安易にすべてをお任せして失敗してしまう場合もあります。葬儀社によってプランも特徴も違います。ですから、かかる費用をイメージしておくだけでも、いざという時に慌てることなく打ち合わせすることができます。お葬式にかかる主な費用は儀式の費用、接待費、宗教者への謝礼金の3つです。費用の中には、葬儀社からの請求や見積りには含まれないもの、実際にお葬式が終わらないと確定しないものなどもあります。

儀式の費用とはお葬式の儀式自体にかかる費用のことです。葬儀一式費用、葬儀本体費用と呼ばれることもあり、葬儀社からの見積書や請求書に記載されます。葬儀一式費用とは催事場などの会場の使用料、祭壇や棺、遺影などの物品にかかる費用、人件費などが含まれます。この他にも遺体を運ぶための寝台車や霊柩車などの移送費など、最低限必要となる項目が含まれます。接待費用とは、お通夜からお葬式、告別式で弔問者へ提供する食事や飲み物にかかる費用と、返礼品などの費用です。弔問に訪れた人数によって変わるため、見積もり金額との差が生まれることもあります。宗教者への謝礼金とは、一連の儀式での読経や、戒名を頂いた際のお布施、送迎の車代など宗教者へ渡すお礼のことです。これは葬儀社ではなく喪主から直接渡すものになるので、見積もりに含まれてはいません。以上の3つが主な費用になります。しかし、葬儀社によってはオプションなどの追加料金が必要になる事もあります。例えば、セットプランに含まれていない湯かんサービスなどをオプションで付けることもできます。その際はセットプランに追加料金を支払う必要があります。このように追加で付けるとなると見積もり以上の金額になってしまいます。また、飲食代などは予定人数よりも参列者の人数が多ければさらに金額は加算します。このように実際お葬式が終わってからでなければ分からない費用なども存在します。

大切な人が亡くなり、あわただしい中で葬儀社との打ち合わせをしなければいけませんが、金額のことは詳しく確認しておくべき項目です。忙しさに紛れて後から高額請求がくることも起こりえます。安心して気持ちよく故人を送り出すためにもトラブルは避けたいと思うでしょう。だからこそ打ち合わせの段階、見積もりの段階からきちんと確認し納得したうえで依頼をしましょう。

お知らせ

  • [2018年11月09日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年11月09日]
    運営者情報を追加しました。